葬儀の流れ

1.ご臨終
ご臨終を迎えられ、皆様が少し落ち着かれた後で私どもにご一報ください。
病院で亡くなられた場合は病院へ、ご自宅で亡くなられた場合はご自宅へ寝台車を手配致します。
2.ご退院
死亡退院の手続きの後、死亡診断書をご家族の方が受取り、故人様をご自宅、もしくは会館へとお連れ致します。
3.ご安置
その後、私どもでお布団にご安置させて頂き、お体にドライアイスをあてます。
この時、ご自宅への搬送の場合は敷布団の用意をお願い致します。掛布団、シーツ、枕等はわたくしどもで準備させていただきます。
4.枕飾り
次にご家族のみなさんにお参りしていただけるように、枕飾りと呼ばれるお参りするための机を設置させていただきます。
5.枕経
この時にお付き合いのある宗教者の方がいらっしゃる場合はご連絡をお願い致します。
仏式の場合に亡くなってからすぐにあげて頂く枕経というものがあります。その依頼と、宗教者の方と葬儀の日程を調整する必要があります。

6.打合せ
その後、葬儀の詳細について打合せをさせて頂きます。あらかじめご親族のだいたいの人数を把握していると打合せもスムーズに進みます。
この時に遺影の原稿となる写真をお預かりさせて頂きます。
7.納棺
その後、故人様をお棺の中にお納めさせていただきます。この時までにご愛用の品などがございましたらご用意をお願い致します。
8.お通夜 お通夜晩
夜に通夜式となり、通夜終了後、通夜晩となります。お食事をお召し上がりながら故人様をお偲び下さい。もちろん会館にお泊りいただくこともできます。
9.葬儀・告別式
翌日、定刻になり葬儀告別式が始まり、故人様と最後のお別れとなります。
10.火葬
その後、御出棺、火葬場にて火葬となります。
11.仕上げ料理
炉に入った後、一度会館にお戻りいただき、仕上げのお食事を召し上がっていただきます。
12.お骨上げ
お骨上げの時間になりましたら再度火葬場に向けて出発致します。
13.初七日法要
お骨上げ終了後に最近では初七日をすることが多く、初七日終了後二日間の予定が終了となります。

※あくまでも一般的な流れとなります。地域の風習により若干前後するものがあります。

お問合せ